2012.07.16

第2期AXHUMブランディング塾 2日目講義

7月14日(土)13:00~16:30に第2期AXHUMブランディング塾の2日目講義が開催されました。 
 
第2回講義では、「環境認識」をテーマに
ブランディングのベースとなるコンセプト策定までの調査方法を掘り下げ
ブランド戦略仮説策定までの流れを追いました。
調査データを体系化するなどの具体的手法に、受講者は真剣に耳を傾けていました。

第3回講義では、「戦略仮説の策定」をテーマに
アクサムでの近年の事例を中心に講義を進めていきました。 
次回はより多くの業種の事例を紹介し、受講生からの声に応えていきたいと考えています。

SONY DSC

第2回・第3回講師 津田雅章 戦略プランニングディレクター(AXHUM Consulting)

第2回講義:「環境認識」

  1. ブランディング基本フレーム
  2. 環境分析のすすめ方
    • 各調査の目的と課題
    • 各調査の目的と課題
    • 各調査の目的と課題
  3. 事例紹介
  4. 質疑応答

第3回講義:「戦略仮説の策定」

  1. ブランド戦略仮説の策定
    • (1)ブランド戦略とは
    • (2)ブランドコンセプトと企業理念
    • (3)ブランドコンセプト策定にむけた与件整理
    • (4)ブランド体系
    • (5)アクションプラン
  2. 事例紹介
  3. 質疑応答

–2日目受講生の声–

  • “裏付け”の大切さ、説得力を実感した。
  • 自分の認識と周囲の認識の差異、客観性の必要性など、プロセスによるアクセス課題の抽出などブランディングの基礎が理解できた。
  • 具体的な事例が分かり易かった。