Tokyo Electron

東京エレクトロン

真のグローバルイノベーターを目指す
コーポレートブランドの確立

本ブランディング事例がWebマガジン「AXIS」に紹介されました。
AXHUMによる東京エレクトロン ブランディングプロジェクト

東京エレクトロンは、世界第3位の半導体製造装置メーカー。
真のグローバルイノベーターを目指す、新たな成長戦略の実現に向け、基本理念とビジョンを策定。さらには、産業や社会の発展の核を担う同社の最先端技術と存在価値を表象するロゴとテザインシステムを開発導入し、グローバルなアイデンティティ構築を図っている。

の50年に向けた新たなミッションとビジョン、コーポレートロゴ

現場から経営層まで社内への横断的な調査を通して、企業の存在価値やありたい姿を明確にし、さらに中期経営計画など戦略面との整合を図りながら、基本理念やビジョンを策定。ロゴ開発にあたっては、提携先であるリッピンコット社と共同で開発を行い、ニューヨークでのワークセッションなど、クライアントとのディスカッションを通じて、次の50年に向けたアイデンティティ表象のあり方を探求した。

tel13 tel01tel04tel05btel05a tel06

「Core Technology」を表象するブランドデザインシステム

世の中の進化に、不可欠な存在となった半導体。
その半導体の進化を支える東京エレクトロンの最先端技術と存在価値を「Core Technology」という言葉に込め、ブランドコンセプトを策定。
産業のコアを担う精緻なテクノロジーを、グリーンのスクエアによって象徴化し、ブランドロゴやデザインシステムとして表現した。ブランドのプライマリカラーとして採用された透明感のあるブルーは、先進性や未来感を表象。洗練されたシンプルなロゴの造形は、同社が創業以来大切にする誠実で公明正大な企業姿勢を示すと共に、グローバル企業としての存在感と信頼感を表している。

tel07
tel08 tel09tel10

継続的なブランドサイトの運用制作マネジメント

最先端技術によって「夢のある未来社会の発展」に貢献することを理念として掲げる東京エレクトロン。
技術革新の源泉となる優秀なエンジニアを獲得することを目的に、大学生・大学院生をコアターゲットとした、ブランドプロモーション施策を展開している。そのコミュニケーションプラットフォームとして、WEBマガジン型のブランディングサイト「テレスコープマガジン」を構築。半導体を中核とした先端分野の研究事例やプロジェクト、技術動向を発信することによって、TELのテクノロジーの大きな可能性を訴求し、学生・一般生活者からの興味と期待喚起を図っている。

tel11

企業認知率および、学生のTELへの就職志向度の向上に貢献。

  • 企業認知率(「よく知っている」+「やや知っている」+「社名だけ知っている」)の向上
  • 41.9%(2011年1月時点) → 53.8%(2012年4月時点)
  • 就職希望人気企業ランキング(日本経済新聞社)におけるTELへの就職志向度の向上
  • 総合ランキング:344位(2011年)→109位(2012年)
  • 理系学生ランキング:128位(2011年)→24位(2012年)
  • 広告賞 受賞
  • 第79回 「毎日広告デザイン賞」 エネルギー、産業部門 準部門賞
  • 第33回 「2012日本BtoB広告賞」 雑誌広告の部 金賞
  • 第34回 「2013日本BtoB広告賞」 雑誌広告の部 金賞
  • 第35回 「2014日本BtoB広告賞」 雑誌広告の部 金賞
  • 第36回 「2015日本BtoB広告賞」 雑誌広告の部 銀賞
  • 第54回 JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール 雑誌部門 ファイナリスト(ベスト10)

Tokyo Electron就職希望人気企業ランキング

tel12